Burning art

バーニングアートとは?

木や革等に、特殊な電熱ペンを使用し、文字や絵柄を焼き付ける手法のアートです。 「焦がし絵」「パイログラフィ(Pyrography)」などとも呼ばれています。
日本では、焼きごてを使用した作品が古くからあり、明治初頭までは一般的に使われていた手法だったそうです。

焼き付ける温度や速さをコントロールする事により、様々な表情をつける事ができ、完全オリジナルの作品を作る事ができます。

近頃では、ヘナタトゥーの様な華やかで繊細な植物柄等のフリーハンドデザインが幅広い世代の女性に人気です。